河内洋画材料店ブルーズ

ブルーズが男女問わずご好評いただいております。

 

下の写真、すべて同じサイズですよ。

ガッチリタイプの男性も全くきつくないとおっしゃっています。

ブルーズは寒い真冬のアトリエで厚着をした上からでも羽織れるように肩周りや袖周りを大きくしています。

だからどんなタイプの体型の方でも対応できるし、すごく楽だと評判です。

シワになりにくく風通しの良い柔らかい生地を使っています。

*洗濯機でザブザブ洗っていただけるし、そのまま軽くシワを伸ばして乾燥させるとくたっとした良い風合いが出ます。

 

作った私が言うのもなんですが、、、

同じサイズなのに、全然違う体型の4人のお友達、みんなとても似合っていてかっこいい。。

 

 

 

左は、中目黒の蔦屋書店のpop upでライブペイントをしてくれたアーティスト山本勇気さん。汚れたブルーズがかっこいい!

山本勇気さんのユニット、オーバーオールズの赤澤さん。

オリジナルのオーバーオールの上にもよく合ってます。

背の高い女性。イラストレーターの平尾香さん。中目黒の蔦屋書店のpop upイベントでこのブルーズをお買い上げ頂きました。

小柄な女性。アーティストの鳥居まりえさん。パリジェンヌみたい。。。よく似合ってる!!

ブルーズ (スモック)

なぜブルーズを作ろうと思ったか。。

何年か前までブルーズという商品はあるメーカーから出ていまして、私も何回かお求めのお客様の対応をしたことがあります。(現在は廃盤になっていて日本の画材メーカーでは作っていないと思います)

割と、ブルーズをお買い求めになるお客様は年配の方が多く、しかも何十年も前にデザインされた型しかなかったので、なんとなく古臭く、試着された時に皆さん照れくさそうにされていました。

いつももっとかっこよく作ればいいのにって思っていて、

それを実現したのが河内洋画材料店のブルーズです。

 

 

「存在の耐えられない軽さ」というフランスの映画 ご存知ですか?

その映画に出てくるセクシーな画家が着ていたブルーズがかっこよくて、

かっこいいブルーズを作ればいいのにーと思っていたのを思い出したんです。

 

絵の具でドロドロに汚れたら尚いい!

アーティストは絵を描いている時が一番セクシーでかっこいいですもんね(^ー^)

 

河内洋画材料店のブルーズの肩の下の紐は汚したブルーズをイーゼルなどに引っ掛けておく為の紐。

油絵用の麻のキャンバス生地で作っています。

ユニセックスです。男性も着ていただけます。