F4 ベルベットバッグ セール価格になりました。

F4サイズのスケッチブックがすっぽり入る大きさの高級ベルベット素材のバッグがセール価格になっています。

マチもたっぷりあり沢山物が入ります。

中の生地はブルーのサテン、ノートパソコンが入るポケットも入っています。

この色は黒のベルベット生地とサイドは紺色のクラッシュという毛足の長いベルベット生地、持ち手の部分は柔らかい皮を使っています。

世界のハイブランドがこぞって注文する日本の優秀なベルベットメーカーの素材を一つ一つカバン職人さんに手作りで作っていただきました。

中に芯を入れて、自立するくらいしゃんとしています。

秋冬におしゃれなベルベットのバッグです。スーツにも合いますよ。

F4BAG

⇧⇧⇧こちらをクリックしてください。

 

 

BIG OIL PASTEL でライブペイント

濱 大二郎ライブペインティング。

京都にて。

BIG OIL PASTELを使っていただいています。

終わってから、何人かにいったい何で描いていたのか聞かれたそうです。

 

使い込んだBIG OIL PASTEL

ライブペイントで使っていただいた後のBIG OIL PASTEL。

塗り重ねて、色んな色がぐちゃぐちゃに混ざってる感じが、、なんかいい感じ(^ー^)

脂っこいのでスルスル描けて、しっかり重ねると油絵のような質感になります。

でも油絵とも少し違う、マットでねっとりした画面になります。

 

大きな絵を描くツールって筆を使って絵の具か、スプレーとかですけど、このBIG OIL PASTELは直接的なドローイングのツールなので描く楽しみを味わえるとご好評いただいています。

 

 

河内洋画材料店ブルーズ

ブルーズが男女問わずご好評いただいております。

 

下の写真、すべて同じサイズですよ。

ガッチリタイプの男性も全くきつくないとおっしゃっています。

ブルーズは寒い真冬のアトリエで厚着をした上からでも羽織れるように肩周りや袖周りを大きくしています。

だからどんなタイプの体型の方でも対応できるし、すごく楽だと評判です。

シワになりにくく風通しの良い柔らかい生地を使っています。

*洗濯機でザブザブ洗っていただけるし、そのまま軽くシワを伸ばして乾燥させるとくたっとした良い風合いが出ます。

 

作った私が言うのもなんですが、、、

同じサイズなのに、全然違う体型の4人のお友達、みんなとても似合っていてかっこいい。。

 

 

 

左は、中目黒の蔦屋書店のpop upでライブペイントをしてくれたアーティスト山本勇気さん。汚れたブルーズがかっこいい!

山本勇気さんのユニット、オーバーオールズの赤澤さん。

オリジナルのオーバーオールの上にもよく合ってます。

背の高い女性。イラストレーターの平尾香さん。中目黒の蔦屋書店のpop upイベントでこのブルーズをお買い上げ頂きました。

小柄な女性。アーティストの鳥居まりえさん。パリジェンヌみたい。。。よく似合ってる!!

中目黒蔦屋書店のpop up

2017年6月17日から30日まで中目黒蔦屋書店にて河内洋画材料店の初めてのpop upをしました。

私も初めての試み、そして自分のアイデアの商品を初めて表に出す機会を頂き、とても緊張と不安でいっぱいでした。

初日17日と18日はahhi choi LIVE PAINT

20mのキャンバスに2日間でアクションペイントをし、それを後日鞄にするというイベントです。

松田油絵具(株)のアクリル絵の具をご協賛いただきました。

次の週末は山本勇気によるLIVE PAINT

河内洋画材料店のオリジナル BIG OIL PASTELを使っていただきました。協賛してくださったモエシャンドンをテーマにしました。

最終日の日曜日にはミュージシャンの雨ふらしカルテットのライブもコラボしていただき賑やかで楽しいイベントとなりました。

どちらもモエシャンドンがご協賛してくださいました。

 

本当に楽しい2週間で、河内洋画材料店にとっても今後の在り方や足りない部分を知るよいきっかけとなり、とても勉強になりました。

嬉しかったのは、ブルーズをファッションとして興味を持ってくれた人が多かったこと。

BIG OIL PSTELが思ったより売れたこと。

河内洋画材料店は画材屋さんの枠を少し飛び出したいという気持ちから画材屋さんには商品を置かないという挑戦をしています。

その第一歩として中目黒蔦屋書店さんでイベントをさせていただいたのは本当にベストだったと思います。

 

関わってくれたアーティストの皆さん、蔦屋書店の担当の方に心から感謝しています。

 

KAWACHI ART SUPPLIES SHOP NEWS

        

 

河内洋画材料店、初のリアル店舗が6月17日(土)中目黒 蔦屋書店に期間限定OPEN

2017年1月にデビューしました「河内洋画材料店」が、初めて東京・中目黒 蔦屋書店にて皆様に全商品を公開いたします。オリジナル商品と共に画材や絵の具、スケッチブックなどバイイング商品を展示販売。画材のセレクトショップとして、絵を描かない方にも画材屋の空気感を楽しんでいただけるようなイベントを展開します。

期間中の週末にはアーティストによるライブペイントなどを予定しております。

河内洋画材料店 中目黒 蔦屋書店ポップアップストア

<会期>6月17日(土)〜30日(金)

<場所>〒153−0051東京都中目黒上目黒1−22−10TEL/03-6303-0940

http://real.tsite.jp/nakameguro/access/index.html

<営業時間>7時〜午前1時

 

イベント

VOL.01「Ahhi Choi LIVE PAINTING]

6月17日(土)18日(日)午後13時〜15時

2日間で20mの麻の画材用のキャンバスに絵の具でペイント。仕上がった作品を後日裁断して、38個のBAGにします。当日はシャンパンのミニボトルも販売予定。シャンパンを飲みながらライブを楽しめます。(*BAGのサンプルはイベント当日展示します。*申し込みが38個になった時点でSOLD OUTとさせていただきます)

協賛 松田油絵具 MHD

アーティストプロフィール/Ahhi Choi

兵庫県芦屋市にアトリエを構える画家。プロスケーターを目指していたが、怪我で絵の世界に転身。New Yorkのギャラリーの所属を経て、海外のアートショーに出展するなど、国内外で活躍。2016年のSummer Sonic Osakaでのフリースタイルのライブペインティングが話題を集めた。

https://www.instagram.com/ahhi_choi

 

VOL.02「山本勇気LIVE PAINTING」

6月23日(金)24日(土)25日(日)午後13時〜午後21時

河内洋画材料店のBIG OIL PASTELを使用してのライブペイント。当日はシャンパンのミニボトルも販売します。シャンパンを飲みながらライブを楽しめます。

協賛 A&C Gallery  MHD

アーティストプロフィール/山本勇気

肖像画、ポートレイトペイントを専門とするアーティスト。東京、大阪、を中心に様々な商業施設、店舗でライブペイントを行う。今回のイベントでは河内洋画材料店のスケッチブック(LIVERTY BOOK)を使って似顔絵制作も行います。(有料)

http://www.yuki-yamamoto.com/wall-paint.html

 

 

 

 

河内洋画材料店 東京へ

河内洋画材料店、初のリアル店舗が2017年6月17日(土)から月末まで中目黒の蔦屋書店に期間限定OPEN!

 

2017年1月にデビューしました「河内洋画材料店」が初めて全商品を公開いたします。

 

画材のセレクトショップとして絵を描かない方にも楽しんでいただけるようなイベントを展開します。

 

まず初日17日(土)と次の日の18日(日)のオップニングを飾ってくれるのは関西在住のアーティストAhhi Choi

.

2日間で20mの画材用の麻のキャンバスにペイントし、後日仕上がった作品を裁断して38個のbagにします。

ポップアップ期間中の17日から月末まで予約販売いたします。

38個売れた時点でSOLD OUTとさせていただきます。

期間中Ahhiくんの原画も展示販売いたしますので、そちらも是非見に来てくださいね。

 

それと、ライブ中モエシャンドンのミニボトル「ミニモエ」の販売も致します。

シャンパンを飲みながらライブを楽しんで頂けます。

6月17日、18日 両日 13時から15時まで

中目黒 蔦屋書店にて

アーティストプロフィール Ahhi Choi

兵庫県芦屋市にアトリエを構える画家。プロスケーターを目指していたが怪我で絵の世界に転身。New Yorkのギャラリーの所属を経て、海外のアートショーに出展するなど、国内外で活躍。2016年のSummer Sonic Osakaでのフリースタイルのライブペイントが話題を集めた。

https://www.instagram.com/ahhi_choi/

 

 

 

 

 

2017年6月17日から東京中目黒の蔦屋書店さんでイベントをします

初めて、河内洋画材料店の全商品を表に出す機会をいただきました!!!

2017年6月17日から6月30日まで

東京中目黒の蔦屋書店さんでポップアップをさせていただきます。

天井から吊るす看板を作りました!!

 

なんせ、初めての試みなのでちょっと緊張気味、、かつ張り切ってます(^ー^)

会期中今、決まっているイベントは、6月17、18の午後1時から3時までアーティストによるライブペイント、

(その後出来た作品をカットして鞄にしたものを予約販売します)

その他、まだまだ企画を考え中〜!!

また完全に決まったら、このブログでも告知させていただきます。

東京にお住いの方、6月後半東京に出向かれるご用事のある方、、是非是非遊びに来てくださいねー!!

私も2週間毎日少しでも店頭に出るつもりです。

お会いできれば嬉しいです(^ー^)

 

使えるものより、使ってみたいもの!

新しく見つけた紙を実験しました。

色鉛筆、カラースプレー、BIG OIL PASTEL、リキテックスマーカー

 

河内洋画材料店では画材屋さんで取り扱いのない商品を意識して探しています。

「使えるものより、使ってみたいもの」をテーマにしています。

これを使ってこんなことをやってみよう!と見つけた方の好奇心をくすぐれるもの。。

この紙もあるメーカーさんからご提案いただいた特殊な紙。

普通の製紙会社のものではありません(^ー^)

BIG OIL PASTEL海外へ。。

この画像、スペイン在住のスペイン人のアーティストがフェイスブックで河内洋画材料店のBIG OIL PASTELを紹介してくれた時のものです。

彼のフォロアーに「欲しい!」と言ってくれるアーティストが沢山いて、、とても嬉しかったです。。私が面白いと思って作ったパステルを同じように興味を持ってくれる人は沢山いる。。

海外には大作を描くアーティストが沢山いるし、みんな新しい画材を探しているから、どこにもない巨大で角柱型でべっとりしたオイルパステルに興味を持ってくれたのでしょう。。

昨日もインスタグラムで私の画像を見て連絡をくれたタイのアーティストにBIG OIL PASTELを送ったところです。

海外のお客様にもpaypalのカード決済システムで対応しています(^ー^)

BIG OIL PASTEL(ビッグオイルパステル)でライブペイント

2017年4月15日

 

鎌倉極楽寺 Off season galleryにて。

世界的ベストセラー「アルケミスト」や「ベロニカは死ぬことにした」などの翻訳本の挿絵をされているイラストレーターの平尾香さんによるライブペイント。

 

河内洋画材料店のBIG OIL PASTELを使っていただきました。

BIG OIL PASTELを女性のアーティストに使っていただいたのを観るのは初めてです。

大胆な男性の作品とは違い、柔らかく、優しく、春らしい とっても素敵な作品です!!

 

スルスルと滑らかな描き心地  

と嬉しい感想を頂きました(^ー^)

 

BIG OIL PASTELの作品 

最近知り合ったアーティストのahhi choiくんがBIG OIL PASTELを試してくれました。

「描く楽しさを追求できる画材」だとahhiくん。。

最高の褒め言葉です(^ー^)

画材屋として自分で作った画材をそんな風に気に入っていただけるのは、アーティストが自分の作品を評価されるのと同じぐらい嬉しい!!

引き続きBIG OIL PASTELを使ってくれているそうです。。

どんな作品ができるだろう。。

楽しみだな。。。

 

 

ブルーズ (スモック)

なぜブルーズを作ろうと思ったか。。

何年か前までブルーズという商品はあるメーカーから出ていまして、私も何回かお求めのお客様の対応をしたことがあります。(現在は廃盤になっていて日本の画材メーカーでは作っていないと思います)

割と、ブルーズをお買い求めになるお客様は年配の方が多く、しかも何十年も前にデザインされた型しかなかったので、なんとなく古臭く、試着された時に皆さん照れくさそうにされていました。

いつももっとかっこよく作ればいいのにって思っていて、

それを実現したのが河内洋画材料店のブルーズです。

 

 

「存在の耐えられない軽さ」というフランスの映画 ご存知ですか?

その映画に出てくるセクシーな画家が着ていたブルーズがかっこよくて、

かっこいいブルーズを作ればいいのにーと思っていたのを思い出したんです。

 

絵の具でドロドロに汚れたら尚いい!

アーティストは絵を描いている時が一番セクシーでかっこいいですもんね(^ー^)

 

河内洋画材料店のブルーズの肩の下の紐は汚したブルーズをイーゼルなどに引っ掛けておく為の紐。

油絵用の麻のキャンバス生地で作っています。

ユニセックスです。男性も着ていただけます。

フレーム(額装)のご相談もお受けいたします

去年ロンドンのTATEに行った時の写真です。

美術館に行くと作品は勿論ですが、フレームの選び方、セッティングの仕方の勉強もします。

フレームはファッションの様に少しはやりがあります。

作品の雰囲気に合わせてあえてかっちりマットで抑え込まずラフに入れたり

マットの窓の位置にもこだわったり

現代的な作品をあえて豪華な額に入れてみたり。。

作品だけでなく、その作品を飾るスペースにも合わせて選ぶのが正解です。

一度入れたらほぼ一生入れ替えることはないであろう額なので、じ〜〜っくり時間をかけて選んでいただきたいです。。

これだっと思った額に入れて、見違えるように素敵になった作品を飾って眺めて共に暮らす楽しみ、、一度味わうと癖になります。。

美術館に行って、変わったフレームのセットを見ると額の横からどうやって作品を止めてるんだろうと覗いたり、下から眺めたり、、たまに監視員さんに不審な目でジロッとにらまれます。。。(^ー^)

 

ミニフレームの展覧会 mini frame

2016年の年末に大阪のギャラリーで開かれた写真の展覧会でミニフレームをお取り扱いいただきました。

素敵なお花の写真の展覧会。

ミニフレームを作ってから初お披露目だったので、どのような反響があるかドキドキでした。

 

なかなか好評で、一ヶ月の会期中に沢山売れました。

 

女性だけでなく男性にも好評で。。

 

 

男性にも2人お買い上げいただきました。

 

 

ミニフレーム mini frame

ミニフレームは熟練の職人さんに一つ一つ手作りで作っていただいています。

 

(去年(2016年)工房の見学に行った時の写真です。)

何か作りたいと思いつた時は、必ず工場見学に行くことにしています。

どうやって作っているのかを見ると色々アイデアが浮かんだりするので。。

古くて雰囲気のある工房でした。

★ミニフレームは今は手に入りにくいアンティークの箔を貼っていただいています。

★東京額縁という伝統技法で一つが出来上がるまで最低2週間かかります。

★職人さんの熟練の技術と手間がたっぷり込められた一点物の芸術作品なんです!

こんな感じの大きさで色々作ってくださいとお願いして、初めて届いた時、あんまり綺麗で可愛らしくて興奮しました。

 

実はこのフレームを作って頂いている職人さんがご事情があり長期お休みをされています。

 

だから、、ごめんなさい。。沢山品切れが出ています。

 

他の職人さんにもお願いしようとも思ったのですが、品質を落としてしまいそうなので、担当の方が復帰されるのを待つことにしました。

 

もうしばらくお待ちくださいませ。。

CY TWOMBLY

今年1月、パリのポンピドゥセンターで観た CY TWOMBLYの企画展。

素晴らしい展覧会でした。

オイルパステルで描かれた作品が多く、もしもCY TWOMBLYさんが河内洋画材料店のBIG OIL PASTEL を見たらきっと気に入ってくれたのでは、、と妄想しつつ絵を眺めていました。

 

まさにこんな風に。。。

 

 

思いっきり。。。

 

 

うわ〜〜〜っと。。。

 

 

描くイメージで作ったオイルパステルです^ー^

 

 

F4 ベルベットバッグ

ベルベットのバッグを作りました。

画材用のバッグって大体キャンバス生地かナイロンなんですけど、あえてベルベットという高級生地で作ってみました。

今回使った生地は、日本のベルベット生地専門メーカーのもので、プラダやサンローランなど世界のハイブランドから毎年発注がくるとても優秀なメーカーです。

ベルベットと言ってもいろんな種類があり、今回は滑らかなベルベットと毛足の長いクラッシュというベルベットを使っています。

実はベルベットは撥水加工をしていて、雨に濡れても手でさっと払うだけで大丈夫なんですよ。

サイトの中の写真は私がモデルになっているのですが、大きさ的には男性の方が合うかと思います。

(私も身長170cmあります。。。)

F4というサイズのスケッチブック(スケッチブックの外寸は約30×39cm)が入るポケットとスマートフォンや小物を入れる小さなポケットを中につけています。

スケッチブックのポケットはパソコンや書類などを入れるのに最適で、画材用以外の用途でも使っていただけます。

肩紐の長さも冬場にコートを着た上からでも肩に掛けやすいように若干長めにしていますし、非常に柔らかい皮なので疲れにくいです。

写真の男性もかなりがっちりとした体型の方ですが、肩紐を楽にかけていただいています。

この色は黒と紺色の生地を使っています。

もう一つのワイン色の方はもう在庫が若干数になっています。

BIG OIL PASTELでライブペイント

京都にて。

濱大二朗さんのライブペイント。

 

河内洋画材料店オリジナルのBIG OIL PASTELを使っていただきました。

 

大きな画面にパワフルに描き続け、

次々と絵が変わり、

あっという間の2時間半!

 

ダイジロウさんの絵も、音楽も、空間も

全ての空気感が合っていてかっこよかった!!

 

アクリル絵の具とビッグオイルパステルを使われましたが、

べったりと色がつく絵の具と、ビッグオイルパステルの線とを交互に使い分けて、その変化が面白かった。

ビッグオイルパステルはしっかり濃く色が出るし、大きさゆえの太い線も描けるので、この大きな画面にも絵の具との対比の面でも負けてなく、私も鳥肌が立つほど大満足でした(^ー^)

 

コロコロ変わるダイジロウくんのライブの絵、どの場面もかっこよく、、

今後の活躍が楽しみなアーティストです!

 

 

KAWACHI心斎橋本店

この店主日記を見てくださっている方の中には、KAWACHI心斎橋本店のお客様だった方もいらっしゃると思います。

2014年1月に閉店した、KAWACHI本店。

この写真は閉店セールをした時のもの。

私はここの2階の画材売り場でずっとお店番をしていました。「絵を描くことが大好き!!」が共通点で集まってこられる、年齢も性別も様々なお客様と毎日接していました。いつも店内を隅々まで楽しそうに眺めに来るおじいさん、会社の社長さんが秘書の方を連れて絵の具をカゴに入れられている横で、歩くたびに金属音がするような今時の若いアーティストの方が店内で流しているDVDをじっと眺めていたり、、絵の具を貸し出して自由に絵を描ける机を置いていたのですが、そこで小さなお子様が夢中になって絵を描いていたり、、今思い出しても暖かい場所でした。本店閉店後、そんな「絵を描くことが大好き!!」「アートが大好き」な人と何か違う形で接していくことができたらなーと考えて作ったのが河内洋画材料店です。

まだまだこれからなのですが。。

どうぞ宜しくお願い致します(^ー^)

LIBERTY BOOK (リバティーブック)

自由という名前の真っ赤と真っ黒のスケッチブック。

名前の通り、使い方は自由です。様々な使い方を想定して色んなちょっとした部分にこだわって作っています。

このスケッチブックの形にするまで随分サンプルを作って悩みました。。。じっくり付き合ってくださったスケッチブックのメーカーさんに感謝です。。

表紙には 河内洋画材料店のアイコンである画人マークを型押ししました。印刷にも余計な色を入れませんでした。

我ながらとても品良く高級感のある仕上がりになったのではと満足しています。

紙は

✴︎できるだけ真紅と漆黒の色で

✴︎インクやパステルなどがのり易く

✴︎スクラップブックとして紙などを貼り付けてもしっかりする程度の厚みを選びました。

 

 

明るい色のペンで書くとそれだけでかっこいい。。

個人的には白いペンが合うと思います。

白のペンを色々試しました。

太いマーカーならポスカ、細いペンならミツビシのsignoというペンが断然発色がキレイです!!

ちょっと個性的なゲストブックなんかにも良いと思いますがいかがでしょうか?

こだわりその2

リング綴じの穴を三角にしているのは、ビリビリっとちぎってもまっすぐに綺麗に切り離せるためです。パステルなどで描いた絵をちぎってその場で手渡せるように。。

 

我が家の愛犬「トビちゃん」です(^ー^)

案外真っ赤の紙って写真が映えます。。

50枚入っているのでたっぷり使えますよ。

こだわりその3

リング綴じにしてハードカバーをぐるっと巻いたのは、スクラップにして厚みが出てきてもちゃんと表紙を閉じることができる様にするためのこだわりです。マチの部分も少し余裕も持った高さにしています。

黒の色の方も、間違いなくスクラップにも白いペンにも合います。

大きなオイルパステル

ある展覧会に行った時、油絵の抽象画の作品に出会いました。
全体に黒く塗りつぶされた大きなキャンバスにいろんな色の自由な線が描かれている作品。
展覧会からの帰り道
「大きな画面に思いっきり描ける大きくて柔らかくて濃く発色するオイルパステルがあったら面白いかも。。。」
と思いついて、どうしても作ってみたくなりました。
日本の優秀なパステルメーカー2社に早速相談したのですが、油分が多くしかもこの大きさのパステルを工場で製造するのは難しい事がわかり、ある程度のところまではメーカーさんにご協力頂き、あとは手作りで作っています。
上質な顔料を沢山使い、通常のオイルパステルと比べて約2倍の油分を入れました。
実は成分だけでもとても贅沢なオイルパステルなんです。。。
こだわった甲斐があり、ジェッソや油絵の具の画面にも軽いタッチで鮮やに発色します。

2016年8月にイラストレーターの黒田征太郎さんにライブペイントで使っていただいた時の写真です。向かって右がBIG OIL PASTELで描かれた作品。
ライブ後、この絵にBIG OIL PASTELでずっと上塗りされていて、もうこの時の原型は残っていません。
黒田さんに「このパステル、この大きさと柔らかさが奇跡的に面白い!面白すぎて止めどきがわからん」と嬉しいお言葉をいただきました(^ー^)

 

ライブペイントの様子です。
 

河内洋画材料店サイトがオープンしました。

皆さま、あけましておめでとうございます。

初めまして、河内洋画材料店 店主の河内裕子です。
このブログに訪れて下さって有り難うございます。

一昨年から考え始めていたことの第一歩として
河内洋画材料店のウェブサイトをオープンすることができました。

まだまだ手探りでの状態ですが、画材屋さんの枠を飛び越えるような
暮らしを楽しく豊かにしてくれるものや、海外に眠る面白いと思った画材などのアイテムを少しづつ増やしていく予定です。
少しでも多くの方のクリエイティブな魂に火をつけることができたら嬉しいです。

このブログは定期的に更新しますので、宜しければチェックしてみてください。
これからも長いお付き合いができますように。
どうぞよろしくお願いいたします。