ブルーズTYPE 3

河内洋画材料店 ブルーズ TYPE 3
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
シャツタイプのとてもチャーミングなブルーズです。 ペンや筆を入れるポケットと、クロッキーメモがすっぽり入るポケットが付いています。
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai ブルーズ 河内 画材
blouse kawachi gazai
背中には、河内洋画材料店のブルーズ全てに付けている麻ひものチャーム。 これは、汚れたブルーズをイーゼルに引っ掛けておくためのもの。

画家 山本勇気さんにブルーズのコメントを頂きました。

画家 山本勇気さんにブルーズTYPE1 のコメントをいただきました。 写真は山本さんが優勝された「アートバトル」での1枚。 ブルーズTYPE1を着ていただいています。 かっこよくて描く姿が本当に絵になる山本さん。 ブルーズを気に入って頂いて光栄です。 (ブルーズTYPE 1の一言コメント) 気持ちが凛とする、河内洋画材料店ブルーズ。 新しいキャンバスに向かう時、気持ちも真っさらでいたい。 このブルーズを着ると、静かにキャンバスに向かえる気持ちになる。 伝統的な画家の作業着のデザインでありながら、着心地は軽く動きを邪魔しない。 絵を描く時はもちろん、外に出かける時にも着ていきたいブルーズだ。 これからドンドン絵の具で汚れていき、自分の作品を纏うようになるのが楽しみだ。 画家 山本 勇気 photo by Toru Takahashi

河内洋画材料店オリジナルACRYLIC COLOURのセットができました。

絵画用としては経年劣化が極めて少ない高品質絵の具、そして布や革に描くのにも適している河内洋画材料店ACRYLIC COLOUR。 手芸用としては某高級ブランドがコレクションの革のバッグにペイントするのにも採用された実績があり、自信をもっておすすめできます。 6色入るギフトボックスを作りました。 セットはA~Eまでの5種類と全色セット。 空箱にお好きな色を6色セットすることも出来ます。 ちょっとしたプレゼントにちょうどよい価格になるように6色のせっとにしました。 小ぶりのお箱がチョコレートみたいで、ちょっと気に入ってます(^ー^)

黒田征太郎さんからBIG OIL PASTELのコメントをいただきました。

黒田征太郎さんからBIG OIL PASTELのコメントをいただきました! 黒田さんとはカワチ画材の店頭に立っていた頃からお客様としてのお付き合い。 BIG OIL PASTELのサンプルを作ったときに、最初に見ていただきました。 実は基本色の12色は黒田さんに選んでいただきました。 *普通の基本色ではつまらないから、黒田さんが使いたい色を選んでください、、とお願いしたのです。 この絵はサンプルが出来てすぐの黒田征太郎さんのライブペイント。 いつもの絵の具でのペイントと、BIG OIL PASTELでのライブペイントを2枚並べて交互に描いてくださいました。 「絵の具とパステルの対比を見せよう」と仰ってくださって。。 黒田さんらしいとても素敵な作品が出来ました。

関西のカワチ画材全店で河内洋画材料店の商品をお求め頂けます。

2018年末に大阪のカワチ画材阪急うめだ三番街店に河内洋画材料店のコーナーを設置し、 これでカワチ画材全店で河内洋画材料店の商品をお求めいただけるようになりました。 ブルーズ3種類、 BIG OIL PASTEL 最近徐々に人気を高めていますACRYLIC COLOUR。(絵画用としては経年劣化が極めて少ない高品質絵の具、また布や革に描くのにも適しています) スケッチブック など。 関西のお客様是非ご覧くださいませ。

The Bacon Prize2018のパーティーにブースを出しました。

2018年11月23日

ベーコンプライズの夜のパーティーに河内洋画材料店のブースを出しました。

河内洋画材料店の商品を展示し、その横で暗幕で暗いスペースを作り、

BIG OIL PASTELで落書きできるスペースを作りました。

ブラックライトを点けて、ご来場者みんなで作る光る落書きのインスタレーション。

沢山の方に楽しんでいただきました。

 

私のPOP UPではいつもその場に合った違った展示をしますが、

いつも思うことは、大人だって「お絵かき」を楽しめるんだ、、ってこと。

河内洋画材料店のテーマ「DRAW YOUR WORLD」の世界。

河内洋画材料店のブースの横では、アーティストKONIROWさんによる5mのキャンバスのライブペイント。

KONIROWさんが着ているのは、河内洋画材料店のブルーズ TYPE 2。背中にペイントしてカスタマイズしてくれました。

3時間で描ききりました!奇跡の一本松。

 

そして、こちらはラッパーのスフィアくんの絵。

河内洋画材料店のACRYLIC COLOURとBIG OIL PASTEL蛍光色で描いてくれてます。

油絵の具みたいに粘土が濃くて、描きやすかった、、と嬉しい感想を頂きました。

ブラックライトの暗室に入れると、、、、

全く違う表情を見せます。

これ、面白いかも。。。

光の入れ方で、変わる絵。

今回、錚々たる協賛会社が入っていて、、、河内洋画材料店のロゴもお仲間に入れてもらっちゃったりして。。。

嬉しい。。。

ベーコンプライズで一緒にお仕事した仲間たち。

楽しかった〜〜(^ー^)

 

 

 

河内洋画材料店 ACRYLIC COLOUR

河内洋画材料店ACRYLIC COLOUR は20年以上画材屋の店頭で接客をし、世界中の画材を見続けた私が惚れ込んだ、大変上質なアクリル絵の具です。

上質な顔料のみを使用し、増量剤を極力避け、柔軟性の高いエマルジョン(アクリル絵の具の糊のような役割をする溶剤)を使っています。

絵の具を作る材料で一番高価なのは顔料。

一見同じ色の顔料でも、質によって退色しやすいものがあります。

当然そういった顔料は少しお値段がお安い。。しかし、この絵具は最高品質の顔料を使っています。

しかも、他社の製品と比べてその上質な顔料をふんだんに入れています。顔料濃度が濃いのです。

それによって発色が良いばかりではなく、乾いた時の絵の具の痩せが少ないです。

絵の具の利率を上げるには、顔料からどれだけの絵の具を作るか、、そこにあるのですが

この絵具はとても贅沢な作り方をしているのです。

★つまり、、利益よりも純粋に良い絵の具を作ることを追求したアクリル絵の具なのです。。★

これは、1970年(大阪万博の年ですよ!!)に海外の某・有名絵の具メーカーと塗り比べた見本。

真ん中が河内洋画材料店のアクリルと同じもの。

約50年経ってますが、両端の色に比べて色褪せがほとんどありません。

特に白。全くくすんでいない!!

 

この様に、上質な顔料を使い変な混ぜものをしないことが、変色などの経年劣化が極めて少ない絵の具にし、

増量剤をほとんど混ぜないことが固着力を強くし、柔軟性の高いエマルジョンを使っているので、布や革に描くのにも適しているのです。

手芸としてのニーズには、以前に某・高級ファッションブランドがコレクションの革のバッグにペイントするのにも採用された実績があり、自信を持っておすすめできます。

 

*河内洋画材料店の ウェブサイトは税込み5400円以上のお買い上げの場合送料が無料になります。

河内洋画材料店オリジナルTシャツ

苦手な自分写真です。。。

お気に入りの河内洋画材料店オリジナルTシャツ。

今、右肩上がりのグラフィックデザイナー「三重野 龍」さんにデザインをお願いしました。

そして、プロダクトはペインターコートでコラボレーションしました「Scye Mercantile」。

高い技術のパターンでファッション通にも人気の私も大好きなブランドです。

とにかく安っぽいアートTシャツにしたくなかったので、かなりこだわりました。

河内洋画材料店 大阪心斎橋本店の昭和初期の店舗写真を思いっきりいじってもらいました。

私の三重野さんへのオーダーは「とにかく河内洋画材料店の宣伝Tシャツではないので、あくまでもTシャツのデザインとしてかっこいいものを作ってください」とお願いしました。

2回目のデザインで決定!!見た瞬間に、ピンときました。

original t shirts kawachi gazai 河内 画材
河内洋画材料店の昭和初期の店舗写真。中庭が有り、自然光で絵の具の色を確できるお店でした。

 

黒もかっこいいです。(男性 身長176cm  オリジナルTシャツ Black size38)

ピンクのラインがアクセントになっていて、ラフな格好が大丈夫なビジネスマンならビジネスシーンでも

カジュアルすぎないとてもきれいなT シャツです。

女性のジャストはsize36,男性のジャストはsize38。

上の私が着用しているWhiteのオリジナルTシャツは 一番大きいsize40です。

あえてオーバーサイズをダブっと着ています。

 

BIG OIL PASTELの事がfashionheadlineに掲載されました

多くのファッションブランドとのコラボやファッション誌で取り上げられ、世界中のモデルやミュージシャンから支持されているファフィ(Fafi)が来日し、ラフォーレ原宿のGR8というセレクトショップでライブペイントをされました。

その時河内洋画材料店のBIG OIL PASTELを使って頂いた事が、Fashionheadlineに掲載されています。

 

ワークショップをしました。

2018年10月21日

東京世田谷区のカフェ バレアリック飲食店 でワークショップをしました。

「DRAW YOUR WORLD WORKSHOP for KIDS」

大きな黒い紙に河内洋画材料店BIG OIL PASTEL 蛍光色でお絵かきをしましょう

というワークショップ。。

みんな夢中になって紙の上に乗ったりして描いています(^ー^)

そして、、、

しばらくして、、、

真っ暗にして、、

みんなザワザワ、、、なんでくらくするの〜〜〜???

ブラックライトで光らせました!!

みんな自分が描いた絵が光ってるのをみるのは初めてでした。

パステルを自分の体に塗って遊んだり。。。あはは(^ー^)盛り上がりました!!

 

そして、もう一つの企画、、

エコバッグに河内洋画材料店ACRYLIC COLOURで絵を描きました。

素敵なバッグが沢山できました!!

子供のワークショップは楽しそうな子どもたちを見ているこちらの方も本当に楽しい。。

 

 

ブルーズTYPE1とTYPE2の違い

ブルーズのTYPE1とTYPE2の違いについてご質問が有りました。

確かに、、サイトの画像は違いがわかりにくいですね。。今後改善していきます。。。

 

ブルーズTYPE1と TYPE2は実際見るとかなり違います。

 

まず、丈の長さがTYPE2の方が11cmも長いのです。

そして、生地ですがTYPE1は薄手の綿とポリエステルの混合の生地。

TYPE2は厚めの綿100%の生地を使用しています。

2枚重ねた写真の下の濃いベージュの方がTYPE2。

  

 

こちらがTYPE1。

私の身長は170cmです。

ちょうど膝くらいの長さ。

軽くてとても楽です。皺にもなりにくいので洗濯機でザブザブ洗えます。

洗った後は適当に皺を伸ばして自然乾燥で大丈夫!

作業着として最適です。

 

 

そしてこちらがTYPE2。

ふくらはぎぐらいの丈の長さ。

目の詰まった綿素材なので、防寒にもなります。

TYPE1よりファッション性を追求して作りました。

もう一つTYPE3というショート丈のブルーズがありますが、それもTYPE2と同じ生地を使用しています。

 

 

大阪のカワチ画材で全商品を扱っています。

画材屋ではどちらかというとTYPE1が人気ですが

河内洋画材料店のPOP UPでは断然TYPE2がよく売れます。

TYPE2のご愛用者さまは、半分はアーティストの作業着として、そして半分はファッションとして楽しんで頂いています。

UNISEXに作っているので、女性の方には袖が長いです。

ですが、袖口にゴムが入っています。

(これは絵を描くときに洋服が袖から出ないようにするためのブルーズの特徴です。)上の写真の様に、袖をクシュッとたくし上げると、ルーズに可愛く着て頂けます。

私は170cmで大きいのですが、もっと小柄で華奢な女性もご試着して気に入って頂いてご購入いただいています。その方は丈の長さが足首に近いくらいでしたが、それもとてもチャーミングでした。

いかがでしょうか?

ブルーズTYPE1とTYPE2の違い、、お分かり頂けましたでしょうか?

 

 

ブルーズtype1

河内洋画材料店ブルーズを扱っていただいている、イタリアの代理店のスタッフの方がブルーズtype1をかっこよく着こなしてくださっています。

 

河内洋画材料店ブルーズシリーズはすべてUNISEX。1サイズ。

女性は袖の長さが大抵長いのですが、袖口にゴムが入っているので、クシュッとたくし上げて着ていただくとルーズな雰囲気が出て、どんなサイズの方でもキレイに着れますよ。

 

 

新しくブルーズTYPE2,TYPE3を追加しました。

河内洋画材料店 、アーティストの作業着 ブルーズシリーズに新しい形2種類が登場。

まずはロングタイプの新しい形 TYPE2。

TYPE1に比べて丈を11cm長くしています。

生地も厚手にしました。

UNISEX。

一見、小柄な女性にはすごく大きなサイズに感じますが、

肩が落ち、袖の長さは袖口にゴムが入っているので、クシュっとたくしあげるとルーズな雰囲気がでてとてもチャーミングなのです。

実際、肩も背丈も華奢な女性もご試着いただいて気に入ってご購入頂いています。

もちろん、かなり大柄な男性にも無理なく楽に着て頂けます。

ブルーズの特徴である、肩周りを大きくして、胸と背中にシャーリングを入れています。これは、寒いアトリエでゴロゴロに着込んだ上にも楽に着用できる為の特徴です。

背中の襟の下には麻生地で作った紐を付けています。汚れたブルーズをイーゼルなどにひっかけておく為のもの。河内洋画材料店のブルーズの全てに付けているチャームです。

河内洋画材料店ブルーズ初のショート丈 TYPE3。

ずぼっと被る形。胸に筆やペンを入れるポケットと胴にクロッキーメモがすとんと入るポケット。いつでも外でクロッキーメモを出してスケッチ出来る様に考えました。

こちらにも襟下に麻ひものチャームを付けています。

★河内洋画材料店のブルーズはすべてアトリエで絵を描いて絵の具で汚れたブルーズをそのまま着て帰れる事をイメージして作っています。

アーティストは絵を描いているときが一番かっこいい!

その作業着はかっこよくなくては。。と考えて作りはじめました。

 

河内洋画材料店ACRYLIC COLOUR

河内洋画材料店オリジナルアクリル絵の具

「ACRYLIC COLOUR」

品質に拘った、高級アクリル絵の具です。

耐光性が強い上質な顔料のみを使用しています。

従って、年数が経っても極めて変色が少ないです。

こちらは1970年に試し塗りした塗り見本です。

大阪万博の年ですよ!!

「真ん中」が河内洋画材料店ACRYLIC COLOURの塗り見本。

左はアメリカ製、某超有名アクリルメーカーの塗り見本。

右はヨーロッパ製、某超有名絵の具メーカーの塗り見本。

キャンバスは汚れていますが、真ん中の河内洋画材料店の塗りだけ、未だに鮮やかな色が残っているのがおわかり頂けますでしょうか?

特に白!!

全く色褪せしていません!!!

 

これは、顔料が良いからだけではなく、余計な混ぜものをしていないせいでもあります。

大抵の一般的な絵の具メーカーは利率を上げるために、増量剤や水を混ぜて容量を増やして製品にしています。

河内洋画材料店のアクリル絵の具は増量剤を極力避けています。

その為、変色が少ない他、固着力や伸縮性が良く、実は布や革に描くのにも大変適しています。

*「以前に某ハイブランドがコレクションの革のバッグにペイントする絵の具としても選ばれた事があります」

自信を持って、手芸用としてもおすすめします。

 

次は東京 千駄ヶ谷! Scye Mercantile shopでpop up.

2018年6月28日から7月12日までの京都 y gionのpop upももう終わります。

楽しかったので、寂しい思いが募ります。。

そして、、

y gionが終わって次の日、、

今回コラボしましたファッションブランド

東京 千駄ヶ谷のScye Mercantileのshopでpop upをさせていただきます!

7月13日から16日まで!

y gionで好評だった画材ラボのコーナーも出しますよ!!

是非 遊びに来てくださいね!

 

 

 

2018.6/28 本日からY gionのpop up & eventが始まります。

本日2018年 6月28日から7月12日まで、y gionのpop upが始まります。

 

今回、何点か新商品を先行販売します。

 

週末は、オリジナルの絵の具を使ってライブペイントのイベントを詰め込んでいます。

 

週末は、お昼は京都のおうどん「萬樹」

    夜は京都のおばんざい「むんと食堂」

    屋上では京都で人気のフルーツ酎ハイのお店「サワーガーデンが入ります」

y gion内で音楽、アート、食、お酒、すべてを楽しんで頂けるイベントを企画しています。

お気軽に遊びに来て下さい。

お待ちしております。

週末の夜のイベントはそれぞれにエントランスフィーがあります。上のフライヤーをチェックしてくださいね。

2018年6月28日から京都の「y gion」でイベントをします。

6月18日から7月12日まで京都のマルチカルチャープラットフォーム「y gion」で河内洋画材料店のPOP UP & EVENTを開催します。

2017年6月に東京の中目黒蔦屋書店ではじめてのPOP UP

をしてから丁度1年。少し成長した姿をお見せすることが出来ればと思っています。

4日間ある週末の土日はすべて違うイベントを企画しています。

画材から始まって、アート、ファッション、音楽、食、と欲張って色々詰め込みました。

是非遊びに来て下さいね!!

20

ファッションブランド「Scye Mercantile」とコラボします。

2018年6月末にファッションブランド「Scye Mercantile」との初のコラボアイテム ペインターコートを発売します。

それに伴い、京都の新しい マルチカルチャープラットフォーム

「y gion」にてPOP UP & EVENTを行います。

週末の土日(6/30  7/1  7/7  7/8)は音楽とライブペイントのイベントを盛り沢山企画しています。

また順次ご案内させていただきますね。

インスタグラム

もしよかったら、インスタグラム フォローしてくださいね(^ー^)

 

LIVE PAINT BAG

去年中目黒の蔦屋書店での河内洋画材料店のPOP UP SHOPで行ったAhhi Choiのライブペイント。

20mの麻の油絵用生キャンバスに2日間かけてライブペイントをしていただきました。

その作品をカットして作ったミニトートバッグ。

¥5400(税別)

すべて絵の具のつき方が違う1点物です。

個人的にこのくらいの大きさのバッグが好きで色々持っているのですが、その中で使いやすい理想の形に仕上げました。

★肩に掛けることができ、腕に掛けても手で持ってもキレイに持てる絶妙な持ちての長さ。

肩に掛けたいけど、財布を出したりする時に腕に掛けたい時がありますよね、、そんな時ぶらーんと長いと何となくかっこ悪いなんてことありませんか?手で持ったときも同じ。。すべての持ち方に対応するベストな長さを追求しました。

★小さいトートってあとちょっと大きければ、、、って事があって、、小さいけど沢山入る!これも絶妙の大きさを追求しました。

★沢山ものを入れてバッグがパンパンになっても口を閉じることができるボタンに引っ掛ける閉じ方。ぐっと食い込むので滅多なことでははずれません。

★そして、開け閉めが簡単!!これ重要です。。開け閉めが面倒だとつい開けっ放しになってしまって、、物騒な世の中です。ちゃんと閉じておきたいですよね。。

 

そんなLIVE PAINT BAG。

商品に追加しました。

今月の美術手帖に広告を掲載させて頂いています。

今月の美術手帖に広告を掲載させていただきました。

アートナビという展覧会の予定の欄です。

 

6月に28日から2週間、京都のY.GIONという話題のアートスポットでPOP UP SHOPを出します。

今、それに向けて色々準備をしています。

楽しい企画になると思います。

どうぞお越しくださいね。

 

有楽町阪急メンズ館でルシアンペラフィネとのコラボイベントをしました。

昨年の年末にフランスのハイブランド ルシアンペラフィネと河内洋画材料店とのコラボ「オイルパステルセット」を作りました。

 

その記念イベントとして昨年のクリスマスに新宿伊勢丹で行なったライブペイント。第二弾、今度は有楽町阪急にてライブペイントを行いました。

 

  

今回は阪急の招待客のみのイベントなので、伊勢丹の時のように館内のお客様は多くはなかったのですが、多くの方に興味を持ってご覧いたきました。

河内洋画材料店のBIG OIL PASTELを使っていただきました。

巨大なパステルに興味を持って写真を撮られているお客様も。。

ファッション界独特の華やかなイベントで、私も楽しませていただきました。

 

東京のカフェでワークショップをさせていただきました。

東京のカフェでワークショップをさせていただきました。

好きな色のオイルパステルを作って、好きな色の紙に描くというイベント。

皆んな自分で選んだいろんな色が混ざったパステルと色紙との組み合わせを考えてすごくかわいい作品を描いてくれました(^ー^)

最後は店内にしばらく展示してもらうという企画だったのですが、皆んな自分の作品に大満足で、半分以上持って帰っちゃいました。。。笑

可愛くて、楽しかった〜〜〜。。。

 

 

引き続きライズギャラリーのPOP UP SHOPまた始まってます。

今年(2018年)も2月末まで引き続き目黒区のライズギャラリーでPOP UP SHOP が始まってます。

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4丁目3−12

ライズギャラリー  TEL:03-6303-3986

 

 

河内洋画材料店の商品(BIG OIL PASTEL、ブルーズなど)もありますが

こちらの商品も去年の中目黒蔦屋書店でのPOP UP SHOPで評判の良い商品で、今回も出しています。

「マツダ アクリル絵の具」

マツダといえば、国産の良質な油絵の具のイメージですが、このアクリル絵の具も大変品質が良いのです。

中目黒の蔦屋でご購入頂いたお客様からその後連絡があり、

「すごく良かったのでまた欲しいのですが、どこ探しても置いてない」とお問い合わせをいただきました。

特に、顔料の質にこだわっているメーカーです。

濃く、皮膜が強いので布描きにも最適ですよ。